エキゾチック

エキゾチックペットとは

 まずエキゾチックアニマルとは「外来動物」や「変わった動物」と訳されます。もちろんその中には野生動物も含まれます。ここでいう「エキゾチックペット」とは犬猫以外の小さな外来種のペットを意味します。

 当院では、小鳥を始めウサギ、フェレット、小型哺乳類の診察をしております。

 これまでに実際に診察した小型哺乳類はモルモット、チンチラ、ハムスター、デグー、ハリネズミ、プレーリードック、ジリス、リス、ネズミ類(ラット、マウス、スナネズミ等)フクロモモンガ、ミニブタなどです。

 犬や猫と比較してペットとしての歴史が浅いエキゾチックペットはその生態や飼育法に不明な点も多く治療法が確立していない面もあります。

 また、ほとんどのエキゾチックペットは被捕食動物(フェレット以外)なので、本能的に病気を隠す傾向があり、飼い主が気付いた時には病状が進行していることが良くあります。

 そのため、私たちはその動物の身近にいる飼い主の皆様と協力して正しい飼育法とその動物に合わせた診療を提供して行きます。

 

エキゾチックペットの診察にご来院される時には・・・

 初診の際にはできるだけ今飼育しているケージで家庭にいる時と同じ状態でご来院下さい。それが難しいようならケージとその周辺の画像をご持参下さい。(特に小鳥の場合は貴重な情報です)

 また、フードやおやつのパッケージも持参していただけると診察の助けになります。

 

 飼育相談も受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。

 

ウサギ・フェレットについてはペットドックを設けております。

年に一度の健康診断で病気の早期発見にお役立て下さい。